FC2ブログ

1640時間目 ~漢検一級~

次の問いに答えよ。

漢検一級配当読み

次の漢字の読みを記せ。

Ⅰ 宿衲

Ⅱ 帳餞

Ⅲ 桀相

Ⅳ 樵芻

四字熟語・諺

次の四字熟語・諺の読みと意味を記せ。

Ⅰ 老いて妬婦の功を知る

Ⅱ 往者諫むべからず、来者猶追うべし

Ⅲ 誹刺諷誡

音読み・語義訓読み

次の熟語の音読みとそれに適する訓読みを記せ。

Ⅰ 稠畳-稠い

Ⅱ 傲睨-睨む

Ⅲ 瑩徹-瑩らか

特別問題~数学~

方程式y2=x6(1-x2)が表す図形で囲まれた部分の面積を求めよ。 [大分大]


1640時間目模範解答

漢検一級配当読み

Ⅰ 宿衲・・・しゅくのう
意味:徳の高い老人。

Ⅱ 帳餞・・・ちょうせん
意味:とばりをめぐらし、酒を用意して送別の宴を設ける。

Ⅲ 桀相・・・けっしょう
意味:すぐれた大臣。傑出した宰相。

Ⅳ 樵芻・・・しょうすう
意味:薪を取ったり草を刈ったりする人。

四字熟語・諺

Ⅰ 老いて妬婦の功を知る・・・お(いて)とふ(の)こう(を)し(る)
意味:若いうちは、やきもちやきの妻がうるさく感じられてしかたがなかったが、老年になると本当の値打ちがわかってくる。

Ⅱ 往者諫むべからず、来者猶追うべし・・・おうじゃいさ(むべからず)、らいしゃなおお(うべし)
意味:過去のことは戒め止めようとしても、取り返しがつかないが、これから先のことは心がけ次第でどうにも改めることができる。

Ⅲ 誹刺諷誡・・・ひしふうかい
意味:他人についてあれこれと批判を加え、遠まわしに責めること。

音読み・語義訓読み

Ⅰ 稠畳-稠い・・・ちゅうじょう-おお(い)
意味:びっしりと重なり合うこと。

Ⅱ 傲睨-睨む・・・ごうげい-にら(む)
意味
①:おごりたかぶっていて不正なさま。
②:いばって人をにらみつける。

Ⅲ 瑩徹-瑩らか・・・えいてつ-あき(らか)
意味:明らかで、すきとおっている。

特別問題~数学~

解説
図1,2

解答:8/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

1641時間目 ~通常更新~

1639時間目 ~漢検一級~

comment iconコメント

コメントの投稿