FC2ブログ

967時間目 ~漢検一級~

次の問いに答えよ。

漢検一級配当読み

次の漢字の読みと意味を記せ。

Ⅰ 簪裾

Ⅱ 学箴

Ⅲ 佩犢

Ⅳ 楮券

四字熟語・諺

次の四字熟語・諺の読みと意味を記せ。

Ⅰ 涕空しく荊樹を沾す

Ⅱ 驕奢淫逸

Ⅲ 拳拳服膺

音読み・語義訓読み

次の熟語の音読みとそれに適する訓読みを記せ。

Ⅰ 偃甲-偃せる

Ⅱ 疼痛-疼く

Ⅲ 雋乂-雋れる

特別問題~化学~

定圧反応熱ΔHと定積熱反応ΔUの間に
ΔH=ΔU+ΔνRT
が成り立つことを示せ。ここでΔνは反応の原系生成系に含まれる気体成分の物質量の変化を表す。


967時間目模範解答

漢検一級配当読み

Ⅰ 簪裾・・・しんきょ
意味
①:冠をとめる簪と、着物の裾。
②:転じて、役人や高い位の人の服装。

Ⅱ 学箴・・・がくしん
意味:学問をする上での戒め。

Ⅲ 佩犢・・・はいとく
意味:武事をやめて農業に従事すること。

Ⅳ 楮券・・・ちょけん
意味:紙幣。さつ。

四字熟語・諺

Ⅰ 涕空しく荊樹を沾す・・・なみだむな(しく)けいじゅ(を)うるお(す)
意味:兄弟の不和を戒めるたとえ。

Ⅱ 驕奢淫逸・・・きょうしゃいんいつ
意味:贅沢にふけり、淫らに走ること。

Ⅲ 拳拳服膺・・・けんけんふくよう
意味:常に心に銘記して決して忘れないこと。

音読み・語義訓読み

Ⅰ 偃甲-偃せる・・・えんこう-ふ(せる)
意味:兜をふせいで使わない。戦争をやめること。

Ⅱ 疼痛-疼く・・・とうつう-うず(く)
意味:ずきずき痛むこと。うずき。

Ⅲ 雋乂-雋れる・・・しゅんがい-すぐ(れる)
意味:才能や徳が優れた人。

特別問題~化学~

H≡U+pVより (dH)p=dU+pdV
dHとdUの差はpdV、即ち系の体積変化に伴う仕事の出入りである。今、p=一定の下で反応を考える。
p=一定の下での体積変化は ∫pdV=p∫dV=p(V2-V1)
V1は始めの体積、V2は終わりの体積である。反応の始めと終わりでΔνの変化があると
p[V]=p(ΔνV)=ΔνpV=ΔνRT
∴ΔH=ΔU+ΔνRT

漢字講座をこれからもやってほしいと言う方は

一日一回↓をクリック。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 教育ブログへ

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

blogram投票ボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

968時間目 ~通常更新~

966時間目 ~漢検一級~

comment iconコメント

コメントの投稿