FC2ブログ

932時間目 ~漢検一級~

次の問いに答えよ。

漢検一級配当読み

次の漢字の読みと意味を記せ。

Ⅰ 給犒

Ⅱ 楽胥

Ⅲ 覬覦

Ⅳ 翕合

四字熟語・諺

次の四字熟語・諺の読みと意味を記せ。

Ⅰ 附耳の言千里に聞ゆ

Ⅱ 黔驢之技

Ⅲ 渇驥奔泉

当て字・熟字訓

次の当て字・熟字訓の読みを記せ。

Ⅰ 譫言

Ⅱ 水夫

Ⅲ 河貝子

特別問題~数学~

次の関数の極大、極小を求めよ。
f(x)=2tan3x-3(√3+1)sec2x+6√3tanx-1  
[東工大]


932時間目模範解答

漢検一級配当読み

Ⅰ 給犒・・・きゅうこう
意味:物を与えて労をねぎらう。

Ⅱ 楽胥・・・らくしょ
意味:楽しむ。

Ⅲ 覬覦・・・きゆ
意味:下の者が上のことを望む。身分不相応なことを望むこと。

Ⅳ 翕合・・・きゅうごう
意味
①:多くのものを合わせ集める。
②:多くの者が集まる。

四字熟語・諺

Ⅰ 附耳の言千里に聞ゆ・・・ふじ(の)げんせんり(に)きこ(ゆ)
意味:秘密が広がりやすいことのたとえ。

Ⅱ 黔驢之技・・・けんろのぎ
意味
①:自分の腕が悪いのを自覚せず恥をかくこと。
②:取るに足らない腕前。

Ⅲ 渇驥奔泉・・・かっきほんせん
意味:勢いが激しいこと。書の筆勢が力強いこと。

当て字・熟字訓

Ⅰ 譫言・・・うわごと
意味
①:高熱などで意識の混濁している人が無意識に口走る言葉。
②:筋の通らない放言。

Ⅱ 水夫・・・かこ
意味:船をこくひと。また、船乗り。

Ⅲ 河貝子・・・かわにな[貝]

特別問題~数学~

t=tanxとおくと、sec2x=1+t2
f(x)=2tan3x-3(√3+1)sec2x+6√3tanx-1=2t3-3(√3+1)(1+t)+6√3t-1=g(t)とすると
f(x)の極大極小を考えるにはf(x)が周期πの関数だから、-π/2<x<π/2 について考えればよい。また、xが[-π/2,π/2]を動くときtは(-∞,∞)を単調増加に動くからg(t)の(-∞,∞)における極大、極小を考える。
g'(t)=6t2-6(√3+1)t+6√3=6(t-√3)(t-1)
g'(t)=0と置くと、t=√3、1
よってf(x)=g(t)はt=1のとき、x=π/4のとき極大値g(t)=-5
t=√3、x=π/3のとき極小値 5-6√3 を取る。

漢字講座をこれからもやってほしいと言う方は

一日一回↓をクリック。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 教育ブログへ

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

blogram投票ボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

933時間目 ~通常更新~

931時間目 ~通常更新~

comment iconコメント

コメントの投稿