267時間目 ~漢検一級~

漢検一級配当読み

Ⅰ 蕗の薹

Ⅱ 纐纈

Ⅲ 浮萍

四字熟語

Ⅰ 北轅適楚

Ⅱ 為虎傅翼

Ⅲ 陳蔡之厄

当て字・熟字訓

Ⅰ 紅南瓜

Ⅱ 光桃

Ⅲ 雇仲居

FINAL

喇叭花

確認問題~懐かしき過去講習~

講習60時間目

一級配当漢字読み

Ⅰ 鯰

Ⅱ 蛻

Ⅲ 頤う

Ⅳ 罕に

Ⅴ 文る

Ⅵ 憚る

Ⅶ 鑒

Ⅷ 瓔珞

Ⅸ 直走る

Ⅹ 瓱

四字熟語

Ⅰ 隋珠和璧

Ⅱ 朝成暮毀

Ⅲ 鬱鬱勃勃

Ⅳ 波詭雲譎

Ⅴ 斗量帚掃

Ⅵ 兵戈槍攘

Ⅶ 焦頭爛額

Ⅷ 雪萼霜葩

Ⅸ 仰観俯察

Ⅹ 墜茵落溷

当て字

Ⅰ 臭橙

Ⅱ 漏蘆

Ⅲ 胡枝花

Ⅳ 巴達(地名-世界)

Ⅴ 洋灯

Ⅵ 杜松

Ⅶ 翻車魚

Ⅷ 正面

Ⅸ 鹿薬

Ⅹ 鼓子花

FINAL

御仙花

他教科クイズ~漢検一級講習~

次の漢字の読みを答えよ。全て音読みである。

1 謖爾

2 芥蔕

3 掉臂

4 焙烙

5 胥靡

6 糜爛

7 檃栝

8 酴醿

9 脩飭

10 聿懐


267時間目模範解答

漢検一級配当読み

Ⅰ 蕗の薹・・・ふきのとう

Ⅱ 纐纈・・・こうけつ、こうけち
奈良時代に盛行した絞り染めの名。

Ⅲ 浮萍・・・ふへい
意味:浮き草。転じて、住居の定まらないことのたとえ。
「最近の雇用問題で住居がなくなり、浮萍した人たちが多いよね。」
「とは言いつつも、派遣村の暮らしって案外贅沢みたいだよ。」
「タバコを買うぐらいの金がある癖に来るなよ・・・。」

四字熟語

Ⅰ 北轅適楚・・・ほくえんてきそ
意味:志と行動が相反するたとえ。
「管理人は強情だ。志望した大学以外は絶対行かないだろう。」
「東理大か東工大ね。」
「一説に、親に、行く大学を地元のアホどもに顕されたので浪人して大学を考え直す方針もある。」
「何処に行く気なの?」
「東大か京大か、東北大かだな。」

Ⅱ 為虎傅翼・・・いこふよく
意味:強いものに更に力をつけること。
「管理人が大学数学を習得しているのに意味が・・・。」
「化学方面なので微妙だが、微積分の実力は可也のもんだ。」

Ⅲ 陳蔡之厄・・・ちんさいのやく
意味:旅の途中に災難にあうこと。

当て字・熟字訓

Ⅰ 紅南瓜・・・きんとうが

Ⅱ 光桃・・・つばいもも

Ⅲ 雇仲居・・・やとな
意味:臨時に雇われる仲居。

FINAL

喇叭花・・・あさがお

確認問題~懐かしき過去講習~

講習60時間目

一級配当漢字読み

Ⅰ 鯰・・・なまず

Ⅱ 蛻・・・もぬけ
[用法]:蛻の殻として使うことが多い。
蛻の殻の意味:人の抜け出た後の寝床や住居。また、死体。

Ⅲ 頤う・・・やしな-う

Ⅳ 罕に・・・まれ-に

Ⅴ 文る・・・かざ-る

Ⅵ 憚る・・・はばか-る
意味
1:差し障りを覚えて躊躇う。遠慮する。
2:幅を利かす。威張る。
3:いっぱいに広がる。蔓延る。

Ⅶ 鑒・・・かがみ

Ⅷ 瓔珞・・・ようらく
珠玉を連ねた首飾りや腕輪。

Ⅸ 直走る・・・ひたはし-る

Ⅹ 瓱・・・ミリグラム

四字熟語

Ⅰ 隋珠和璧・・・ずいしゅかへき
意味・・・この世にまたとない貴重な宝物。この世の至宝とも言うべき宝玉。

Ⅱ 朝成暮毀・・・ちょうせいぼき
意味・・・建物などの造営が盛んなこと。

Ⅲ 鬱鬱勃勃・・・うつうつぼつぼつ
意味・・・気が盛んに満ちるさま。

Ⅳ 波詭雲譎・・・はきうんけつ
意味・・・文章が自在で非常に巧妙なこと。

Ⅴ 斗量帚掃・・・とりょうそうそう
意味・・・(α)自分のことを謙遜して言う語。
(β)人やものが有り余るほどあること。

Ⅵ 兵戈槍攘・・・へいかそうじょう
意味・・・武器が乱れ動くこと。兵乱の形容。

Ⅶ 焦頭爛額・・・しょうとうらんがく
意味・・・(α)根本を忘れて瑣末なことを重視すること。
(β)物事を非常に苦労してすること。

Ⅷ 雪萼霜葩・・・せつがくそうは
意味・・・梅。

Ⅸ 仰観俯察・・・ぎょうかんふさつ
意味・・・仰いで天分を見、うつむいて地理を知ること。

Ⅹ 墜茵落溷・・・ついいんらくこん
意味・・・人には運不運があるということ。

当て字

Ⅰ 臭橙・・・かぶす

Ⅱ 漏蘆・・・ひごたい

Ⅲ 胡枝花・・・はぎ
胡枝子とも。

Ⅳ 巴達・・・バクダッド

Ⅴ 洋灯・・・ランプ

Ⅵ 杜松・・・ねず

Ⅶ 翻車魚・・・まんぼう
漢方魚、飜車魚、浮亀、円坊魚、浮木とも。

Ⅷ 正面・・・まとも(真面)

Ⅸ 鹿薬・・・ゆきさざ

Ⅹ 鼓子花・・・ひるがお

FINAL

御仙花・・・ライチ

他教科クイズ~漢検一級講習~

次の漢字の読みを答えよ。全て音読みである。

1 謖爾・・・しょくじ
意味:襟を立てて、衣服をかきあわせるさま。

2 芥蔕・・・かいたい
意味
1:微細なもののこと。
2:何か小さいものが支える。食物が痞えたり心配事などがあって気持ちがすっきりしないこと。

3 掉臂・・・とうひ、ちょうひ
意味
1:無視して相手にしないで立ち去ること。
2:求められた救援を断ること。
3:奮い立って意気込むさま。
4:憚る事無く、腕を振って歩き回るさま。

4 焙烙・・・ほうろく
素焼きの土鍋。

5 胥靡・・・しょび
意味:獄に入れられているものの仲間。

6 糜爛・・・びらん
意味
1:爛れ崩れること。
2:皮膚や粘膜の上層の細胞が剥がれ落ち、内層が露出している状態になること。

7 檃栝・・・いんかつ
意味:間違いを正すこと。

8 酴醿・・・とび
意味:濾さずにドロドロとした酒。

9 脩飭・・・しゅうちょく
意味:身を修め整えること。

10 聿懐・・・いっかい
意味
1:心に思う。懐かしがる
2:先王の徳を胸に抱いて、人民を安ずること。

「か、可也ハイレベルだよぅ。」
「このブログの標準レベルだ。これぐらい何とかなる。」



2009.01.29 Thu l 漢検一級講習 l top ▲