695時間目 ~諺・四字熟語~

次の漢字の読みと意味を記せ。

Ⅰ 長居する鷺蟇目に逢う

Ⅱ 貧乏柿の核沢山

Ⅲ 灯火に消ゆる夜の虫は妻故其の身を焦がす

Ⅳ 鴟鵂は夜蚤を撮る

Ⅴ 夜雨対牀

Ⅵ 国利民福

Ⅶ 殊域同嗜

Ⅷ 布帛菽粟


695時間目模範解答

Ⅰ 長居する鷺蟇目に逢う・・・ながい(する)さぎひきめ(に)あ(う)
意味:長居することは遠慮せねばならぬという戒め。

Ⅱ 貧乏柿の核沢山・・・びんぼうがき(の)さねだくさん
意味:貧乏な人に子供の多いことのたとえ。

Ⅲ 灯火に消ゆる夜の虫は妻故其の身を焦がす・・・ともしび(に)き(ゆる)よる(の)むし(は)つまゆえそ(の)み(を)こ(がす)
意味:妻(夫)を恋い慕うあまり身の危うさを忘れ、その身を滅ぼすことのたとえ。恋は盲目であること。

Ⅳ 鴟鵂は夜蚤を撮る・・・しきゅう(は)よるのみ(を)と(る)
意味:物には夫々特性があることのたとえ。

Ⅴ 夜雨対牀・・・やうたいしょう
意味:兄弟関係や友人関係が良好で、仲睦まじいたとえ。

Ⅵ 国利民福・・・こくりみんぷく
意味:国の利益と人民の幸福のこと。
使用例:民主党は国利民福を考えてない政党だなぁ。

Ⅶ 殊域同嗜・・・しゅいきどうし
意味:外国人でありながら、自分と趣味・嗜好が一致していること。

Ⅷ 布帛菽粟・・・ふはくしゅくぞく
意味:人が生活するのになくてはならないたとえ。

漢字講座をこれからもやってほしいと言う方は

一日一回↓をクリック。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 教育ブログへ

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

blogram投票ボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

696時間目 ~オールラウンド~

694時間目 ~難関熟語~

comment iconコメント

コメントの投稿