FC2ブログ

480時間目 ~諺・四字熟語~

次の諺・四字熟語の読みと意味を記せ。

ā. 振臂一呼

đ. 天淵氷炭

ġ. 直き木に曲がる枝

ı. 思案の案の字が百貫する

IJ. 辛抱は金挽臼は石



480時間目模範解答

ā. 振臂一呼・・・しんぴいっこ
意味:努めて自ら奮起すること。
使用例:現在の日本人には、振臂一呼して政治を変えようとする人が少ない。

đ. 天淵氷炭・・・てんえんひょうたん
意味:差の甚だしいことのたとえ。
使用例:高卒と大卒では天淵氷炭の扱いの差がある。

ġ. 直き木に曲がる枝・・・なおききにまがるえだ
意味
1:正しい人にもどこか欠点があるものだというたとえ。
2:清廉潔白な親から不正な子が生まれる場合があるというたとえ。
使用例:誰でも、直き木に曲がる枝がある故に、正義というものを語るものはロクデナシが多い。

ı. 思案の案の字が百貫する・・・しあんのあんのじがひゃっかんする
意味:どんな場合にも結論を出す前に熟考することが大事だということ。
使用例:事業仕分けは只のパフォーマンスだ。と言う所以は、真剣にやるならば思案の案の字が百貫する以上、一時間で結論が出る訳が無い。

IJ. 辛抱は金挽臼は石・・・しんぼうはかねひきうすはいし
意味:金持ちになるには何事も辛抱して努力することが肝心である。
使用例:パチンコをする人は辛抱は金挽臼は石という現実を解っていないようだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

481時間目 ~オールラウンド~

479時間目 ~漢検一級~

comment iconコメント

コメントの投稿