FC2ブログ

477時間目~四字熟語・諺~

次の諺・四字熟語の読みと意味を記せ。

а. 許由巣父

б. 桃弧棘矢

в. 牝鶏司晨

г. 袖の下に廻る子は打たれぬ

д. 憎き鷹には餌を飼え



477時間目模範解答

а. 許由巣父・・・きょゆうそうほ
意味
1:行いが清廉潔白であるたとえ。
2:出世や高い位置に進むことを嫌うたとえ。
使用例:彼女には許由巣父の念があるために総理にはならなかった。

б. 桃弧棘矢・・・とうこきょくし
意味:災いを取り除くこと。
使用例:生理整頓掃除を今すぐ行い、ウイルス蔓延の危機を桃弧棘矢すべきだ。

в. 牝鶏司晨・・・ひんけいししん
意味:女性が権力を握って勢力を振るうこと。
使用例:かのアドルフ・ヒトラーは牝鶏司晨を酷く恐れたとされている。

г. 袖の下に廻る子は打たれぬ・・・そでのしたにまわるこはうたれぬ
意味:叱ったとき逃げる子は追いかけてでも打つが、縋り付いて来る子は打てない。
使用例:鳩山由紀夫は麻生太郎には叩き捲くったが小沢一郎には叩かず、民主党という袖の下に廻る子は打たれなかった

д. 憎き鷹には餌を飼え・・・にくきたかにはえさをかえ
意味:歯向かう者を力尽くで屈服させるより、利益を与えて手懐ける方が良いということ。
使用例:対戦時、憎き鷹には餌を飼えとはいうが、そこまで巧みな戦略が効くかどうかは解らない。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

478時間目 ~オールラウンド~

476時間目 ~オールラウンド~

comment iconコメント

コメントの投稿