458時間目~四字熟語・諺~

次の四字熟語・諺の読み・意味を記せ。

A. 糠味噌が腐る

B. 身言書判

C. 兼愛交利

D. 蠟燭は身を減らして人を照らす

E. 雪隠虫も所贔屓


8時間目模範解答

A. 糠味噌が腐る・・・ぬかみそがくさる
意味:悪声や調子はずれな歌いぶりを揶揄して言う言葉。
使用例:ジャイアンの歌声は糠味噌が腐るようなものだ。

B. 身言書判・・・しんげんしょはん
意味:人物を登用するときの基準となるもの。
使用例:UCJDOにおいて、その団体への身分登録の身言書判は愛国性のみで決められている。

C. 兼愛交利・・・けんあいこうり
意味:区別無く広く愛し互いに利しあうこと。
使用例:殆どの先進国が掲げる兼愛交利の外交は必ず失敗に終わる。

D. 蠟燭は身を減らして人を照らす・・・ろうそくはみをへらしてひとをてらす
意味:自分を犠牲にして人のために尽くすこと。
使用例:彼女をを守るように、蠟燭は身を減らして人を照らす

E. 雪隠虫も所贔屓・・・せっちんむしもところびいき
意味:どんな場所でも住み慣れた所は良いと思うのが人情であるということ。
使用例:一人暮らしをはじめて5月ごろ帰りたくなるのは雪隠虫も所贔屓な所があるからでしょう。



2009.10.22 Thu l 難読漢字 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿