チャンネル桜軍団激しくGJ!

NHK相手に8400人が集団提訴 「JAPANデビュー」歪曲報道で
2009.6.25 17:22

 
NHKスペシャル「JAPANデビュー アジアの“一等国”」に出演した台湾人や日台友好団体などから番組内容に偏向・歪曲があったと批判が相次いでいる問題で、視聴者約8400人が25日、放送法などに反した番組を見たことで精神的苦痛を受けたとして、NHKに計約8400万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

問題の番組は日本の台湾統治時代を取り上げたもので、4月5日に放送された。放送直後から「日本の台湾統治を批判するため、証言をねじ曲げている。」などの批判が相次いだ。

原告は訴状で番組について、「取材に応じた台湾人の話を、一方的に都合良く編集して使っている。」などと指摘。番組にはやらせや事実の歪曲・捏造があり、放送法に違反する番組だった-などと主張している。

原告には、約150人の台湾人も含まれている。原告側は今後、出演した台湾人や友好団体の関係者の証人申請や、出演者らがNHKに出した抗議文などの提出も検討している。

問題をめぐっては、台湾日本人会と日本企業でつくる台北市日本工商会が「日台交流に支障をきたすおそれがある。」とした意見書をNHKに送っている。また、東京、大阪、名古屋では、放送に反発する地方議員や有識者ら有志が抗議デモを行った。

NHK広報局は「訴状を受け取っていないのでコメントできない。番組の内容には問題がなかったと考えている」としている。

ソース:こちら

「これって桜TV主催の訴えだよな、激しくGJ!」

「管理人は訴えに出ないのか?」

「管理人はNHKみたいな反日放送なんか見ないし、そもそも訴訟の仕方がわからないとのこと。それ以前に訴え参加に未成年はお断りらしい。」

「確か桜TVの話では署名すれば訴えることは可能とか書かれていたが、流石に茲まで手が回らなかったのか。」

「八千四百人に八千四百万ってことは一人一万円の訴訟ってことですね。」

「チャンネル桜の募集によって8,300人の募集があったってことは殆どはその8,300人程はこちらから、150人程の台湾人は日本人から聞いて出撃したって事ですね。」

「これで勝訴したらTBSも終わりだなwwwTBSの酷さは有名だし。」

372時間目 ~四字熟語~

レベルⅠ

Ⅰ 口耳講説

Ⅱ 冷汗三斗

Ⅲ 千愁万緒

レベルⅡ

Ⅰ 幸災楽禍

Ⅱ 破邪顕正

Ⅲ 抜轄投井

レベルⅢ

Ⅰ 深浅掲

Ⅱ 裘馬清狂

Ⅲ 霹靂閃電

FINAL

鬼見升麻

確認問題~難関熟語~

次の熟語の読みを答えよ。

A. 丐貸

B. 丘蓋

C. 扞網

D. 殞謝

E. 鋤誅


372時間目模範解答

レベルⅠ

Ⅰ 口耳講説・・・こうじこうせつ
意味:聞いたことをよく消化しないで、直ぐそのまま人に話すこと。
使用例:そのマスメディアは今回の党首討論を口耳講説して報道した。

Ⅱ 冷汗三斗・・・れいかんさんと
意味:恥ずかしさや恐ろしさのため、酷く冷汗をかく様子。
使用例:いきなり左利きだといわれて冷汗三斗の表情になった。
「またもや漫画ネタだね、例文のネタが切れてきたのかな・・・?」
「だいぶ前から例文はネタ切れしてる。」
「じゃあどうしようか・・・そういえばみんなのお気に入りのシャーペンとかあるのか?」
「管理人はグラフギア1000だったよな、それもみんなに聞いてみるのも面白そいだな。」

Ⅲ 千愁万緒・・・せんしゅうばんしょ
意味:様々な憂愁や心の思い。
使用例:政局には千愁万緒を述べても意味がない、そのためにどうするかの具体案が必要だ。

レベルⅡ

Ⅰ 幸災楽禍・・・こうさいらくか
意味:他人の不幸を見て喜ぶこと。
使用例:幸災楽禍に耽っているという意見は虐め・差別などでない限りは僻みでしかない。
「嫌漫画派の僻みでしかない。」
「なんだっけ、児ポ法改悪の話か。」

Ⅱ 破邪顕正・・・はじゃけんしょう
意味:不正を打破して正義を守ること。
使用例:その児童漫画のような破邪顕正の考えは弱虫の考え方である。

Ⅲ 抜轄投井・・・ばっかつとうせい
意味:客を帰さないようにし、丁寧にもてなすこと。
使用例:必死に新入部員が退部しないように抜轄投井した。

レベルⅢ

Ⅰ 深浅掲・・・しんれいせんけい
意味:その場の状況に応じて適切な処理をすること。
使用例:現在の若者には深浅掲する能力が課されている。

Ⅱ 裘馬清狂・・・きゅうばきょうせい
意味:生活が豊かで行動が気儘であること。
使用例:彼女は主人の金を勝手に使って裘馬清狂な生活をした。
「そういえば誰かは1000万円使ったやつがいたよな、最悪じゃん。」
「それは酷いwwwそしてその後の話が"また地道に貯めて行こう"ってお前が問題なんだろwww」
「そういうのが聞き捨てならねえ。」

Ⅲ 霹靂閃電・・・へきれきせんでん
意味:すばやいことのたとえ。
使用例:小沢一郎は秘書が逮捕されたことから霹靂閃電に証拠隠滅を図った。
「四人殺したんだっけ?殺したといえば語弊だが明らかな不審死なんだよな。」
「ソウルで心臓麻痺なんだぜ。」

FINAL

鬼見升麻・・・おおばしょうま[植]

確認問題~難関熟語~

A. 丐貸・・・かいたい
意味:借金を頼むこと。
使用例:彼はいきなり金の丐貸をせがんだ。
「借金の担保はしないほうがいいよな、夜逃げは確実。」
「本当の親友ならそんな危ないことはしないからね。」

B. 丘蓋・・・きゅうがい
意味:しらないこと。
使用例:一部の民主党の法案は、同じ政局の議員すら丘蓋であることもある。
「鷲尾英一郎議員は民主党の政局INDEX2008の内容がわからないから不安であると回答した。昔の記事だけど。」
「もはや売国は政党を超越してそこまで行ってるのか!?すげえな。」

C. 扞網・・・かんもう
意味:法に触れる、法を犯す。
使用例:知らないうちから扞網することももちろんあります。
「民主党は5月の国会討論で自分の党だけ捕まったとか言って法律変えろとか言ってたよね。」
「そんなものでは、政治家として失格だよな。」
「だったらスピード違反で自分だけ捕まったときの言い訳に過ぎないな。」

D. 殞謝・・・いんしゃ
意味:死亡する、死ぬこと。
使用例:その遺族は被告人に対して謝罪と殞謝を求めた。
「文章として違和感がない・・・。」
「ほわwww」

E. 鋤誅・・・じょちゅう
意味:除き滅ぼす。殺す。

検索してはいけない言葉編

~準~

だいぶ前にも調べたと思うが・・・。

準児童ポルノ法案のことを指す。

準児童ポルノ=漫画やアニメにおけるポルノ のことで、3次元でなく2次元も同じく単純所持で違法にしようというはなし。

要するに、漫画やアニメDVDを持ってたら違法になる法案である。

嫌漫画派の僻みの極みな法案ですね。

「立法者は責任を持って死になさい。規制したいなら現実論で物を言え!」
「準児童ポルノ法案は18歳以下の女性の描写を違法化するやつだよね、18(エイティーン)以外は公開すら出来ないじゃない!」
「最悪の"日本文化破壊法案"。民主党・自民党の一部、公明党全員が推進。」
「また公明党か!」


漢字講座をこれからもやってほしいと言う方は


一日一回↓をクリック。


.

.

.

.

後日談

「また管理人の設定か。前回は散々な目にあったわよ。」
「ははは、今回は鳥渡違うけどな。みんなってシャーペン何使ってるんだ?」
「愛用シャーペンのことですか。」

「S20。仄かな木の香りと触り心地のよさから。」
●シャーペン S20は茲にて販売。
「愛用って程ではないがTect 2Wayなんかよく使っている。管理人がシャーペンオタになった凶元。」
「もっと前からシャーペンオタなんだが。」
●シャーペン Tect 2Wayは茲にて販売。
「管理人と同じくGRAPHGEAR1000だな、重いが使い心地がいい。」
●シャーペン グラフギア1000は茲にて販売。
「私はファーバーカステルのシャーペンだね。かなり高いけどね・・・。」
●シャーペン ファーバーカステルは茲にて販売。
「ステッドラー925-85-05だけどな俺は。」
●シャーペン ステッドラー925-85-05は茲にて販売。
「美沙樹は確か、私とおそろいのもの使ってるよね。」
「うん・・・。」
「なんだ、妹もファーバーカステルか。」
「愛用のシャーペンか、みなトリッキーなものが多いな。」
「ん?デジィアティー、おまいは普通のシャーペン使ってるのか?」
「ぺんてるメカニカつかってる。」
「それ、管理人がめっちゃ欲しいって言ってた伝説の品じゃんそれ!」
「え?そうだったのか。」
●シャーペン メカニカは茲にて販売。
「うはっ、今の時価で一万二千円もするのか・・・!」
「さすがに手が出ませんね・・・。私は貧乏だからKERRYしか持ってませんが。」
「十分高い!」
●シャーペン ケリーは茲にて販売。
「後は俺と諒閣下か、俺はグラフ1000かな、管理人がお勧めって言ってたから。」
●シャーペン グラフ1000は茲にて販売。
「諒閣下ってシャーペン結構持ってたよね、今愛用してるのってどんなの?」
「デジィアティーさんの代物より高かったと思いますよ・・・。」
「これ。」
「おお、なんか和風でさすが日本国の総理って感じだ。」
「やっぱり、値段は自重しないんだ・・・。」
●シャーペン 平蒔絵(鳳凰)はこちらにて販売。

「ってかみんなに愛用のシャーペンがあるなんてビックリだよね。」
「殆どのアニメでもシャーペンは普通のものだからな、こんなのないと思うぜ。」



2009.06.26 Fri l 日刊講習 l top ▲