1946時間目 ~漢検一級~

次の問いに答えよ。

漢検一級配当読み

次の漢字の読みを記せ。

Ⅰ 忻荷

Ⅱ 外傅

Ⅲ 任凭

Ⅳ 引咎

四字熟語・諺

次の四字熟語・諺の読みと意味を記せ。

Ⅰ 弓矢の瑕瑾

Ⅱ 愁苦辛勤

Ⅲ 蛮夷戎狄

音読み・語義訓読み

次の熟語の音読みとそれに適する訓読みを記せ。

Ⅰ 懼怖-懼れる

Ⅱ 誹章-誹る

Ⅲ 甚大-甚く

特別問題~高校社会~

次の設問に答えなさい。

(1) 大陸の建築様式に対して、石山寺多宝塔に見られる日本的な様式をなんというか。
(2) (1)の建築様式の代表遺構で、本尊である千手観音坐像のほかに千体の観音像が安置されている京都の寺院の建築物をあげよ。
(3) 国会は衆議院と参議院の二つの議員によって構成されている。こういう制度を何というか。
(4) 憲法に明文規定はないが、国会が立法機関であることから、両議員が持っている権限とは何か。
(5) 世界全図などの小縮尺の地図を描く場合、基線として図の中心に描かれる経線を何というか。

1946時間目模範解答

漢検一級配当読み

Ⅰ 忻荷・・・きんか
意味:ありがたく思うこと。

Ⅱ 外傅・・・がいふ
意味:家の外にいて教える人。学校教師など。

Ⅲ 任凭・・・にんぴょう
意味
①:各自の心任せにすること。
②:たとい~でも。

Ⅳ 引咎・・・いんきゅう
意味:咎めを我が身に引き受けること。

四字熟語・諺

Ⅰ 弓矢の瑕瑾・・・ゆみや(の)かきん
意味:武士の道の名折れなどの意。

Ⅱ 愁苦辛勤・・・しゅうくしんきん
意味:非常に憂え苦しむこと。

Ⅲ 蛮夷戎狄・・・ばんいじゅうてき
意味:未開人の住む野蛮な国のこと。

音読み・語義訓読み

Ⅰ 懼怖-懼れる・・・くふ-おそ(れる)
意味:おそれること。

Ⅱ 誹章-誹る・・・ひしょう-そし(る)
意味:他人を悪く言った文書。

Ⅲ 甚大-甚く・・・じんだい-いた(く)
意味:程度の極めて大きいさま。

特別問題~高校社会~

(1) 和様
(2) 三十三間堂(蓮華王院本堂)
(3) 二院制(両院制)
(4) 法律案の提出権
(5) 中央経線


2016.12.14 Wed l 漢検一級講習 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿