FC2ブログ

1635時間目 ~漢検一級~

次の問いに答えよ。

漢検一級配当読み

次の漢字の読みを記せ。

Ⅰ 箚客

Ⅱ 悃質

Ⅲ 蔟蔟

Ⅳ 輳遇

四字熟語・諺

次の四字熟語・諺の読みと意味を記せ。

Ⅰ 寸木岑楼

Ⅱ 厥の初めを慎み、厥の終わりを惟え

Ⅲ 凋氷画脂

音読み・語義訓読み

次の熟語の音読みとそれに適する訓読みを記せ。

Ⅰ 驕懦-驕る

Ⅱ 驩若-驩ぶ

Ⅲ 省并-并せる

特別問題~国語~

次の(1)~(5)の意味を的確に表す語を、下の「 」から選び、漢字で記せ。

(1) すさんだ生活をすること。
(2) うらみなげくこと。
(3) 身近に接して感化される。
(4) 高低。軽重。優劣。
(5) のさぼりはびこること。

「けんち・しょうさつ・しんしゃ・ちゅうちょう・ちんめん・ていせい・ばっこ・らくはく」 [平成22年漢検一級第一回]


1635時間目模範解答

漢検一級配当読み

Ⅰ 箚客・・・とうきゃく
意味:つまらない芸者。

Ⅱ 悃質・・・こんしつ
意味:性格がすなおで律儀なこと。

Ⅲ 蔟蔟・・・そうそう
意味:群がり集まるさま。

Ⅳ 輳遇・・・そうぐう
意味:偶然にめぐり合うこと。

四字熟語・諺

Ⅰ 寸木岑楼・・・すんぼくしんろう
意味:差異のはなはだしいことのたとえ。

Ⅱ 厥の初めを慎み、厥の終わりを惟え・・・そ(の)はじ(めを)つつし(み)、そ(の)お(わりを)おも(え)
意味:初めに当たり慎重に終わりのことまで考えておかなければ、最後には困窮にいたるであろうということ。

Ⅲ 凋氷画脂・・・ちょうひょうがし
意味:無駄なことをして効果のないこと。無益なこと。

音読み・語義訓読み

Ⅰ 驕懦-驕る・・・きょうだ-おご(る)
意味:おごって意気地がない。驕慢であるが意志が弱い。

Ⅱ 驩若-驩ぶ・・・かんじゃく-よろこ(ぶ)
意味:よろこんでうちとけるさま。

Ⅲ 省并-并せる・・・しょうへい-あわ(せる)
意味:いくつかの役所を統合し、役人の定員を減すこと。

特別問題~国語~

それぞれ漢字にすると軒輊・蕭颯・親炙・惆悵・沈湎・提撕・跋扈・落魄などとなる。これをそれぞれの意味に当てはめると

(1) 沈湎
(2) 惆悵
(3) 親炙
(4) 軒輊
(5) 跋扈

となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

1636時間目 ~通常更新~

1634時間目 ~通常更新~

comment iconコメント

コメントの投稿