FC2ブログ

1488時間目 ~漢検一級~

次の問いに答えよ。

漢検一級配当読み

次の漢字の読みを記せ。

Ⅰ 縷陳

Ⅱ 草廬

Ⅲ 槐位

Ⅳ 宸翰

四字熟語・諺

次の四字熟語・諺の読みと意味を記せ。

Ⅰ 猿が稗を揉むよう

Ⅱ 満目蕭条

Ⅲ 心曠神怡

音読み・語義訓読み

次の熟語の音読みとそれに適する訓読みを記せ。

Ⅰ 尭尭-尭い

Ⅱ 俊穎-穎れる

Ⅲ 擯出-擯ける

特別問題~数学~

問題


1488時間目模範解答

漢検一級配当読み

Ⅰ 縷陳・・・るちん
意味:事細かに述べること。縷言。

Ⅱ 草廬・・・そうろ
意味
①:草葺の粗末な家。
②:自分の住居をへりくだって言う語。

Ⅲ 槐位・・・かいい
意味:大臣の家柄。また、大臣の異称。

Ⅳ 宸翰・・・しんかん
意味:天子の自筆の文書。宸筆。親翰。

四字熟語・諺

Ⅰ 猿が稗を揉むよう・・・さる(が)ひえ(を)も(むよう)
意味
①:わけも分からず人まねをすることを嘲って言う語。
②:揉み手をすること。

Ⅱ 満目蕭条・・・まんもくしょうぜん
意味:見渡す限り、物寂しいさま。

Ⅲ 心曠神怡・・・しんこうしんい
意味:心が広々としていて、非常に愉快な気分になること。

音読み・語義訓読み

Ⅰ 尭尭-尭い・・・ぎょうぎょう-たか(い)
意味:山などが高いさま。

Ⅱ 俊穎-穎れる・・・しゅんえい-すぐ(れる)
意味:才知がすぐれて普通の人よりひいでている。また、その人。

Ⅲ 擯出-擯ける・・・ひんしゅつ-しりぞ(ける)
意味:人をしりぞけること。のけものにすること。

特別問題~数学~

解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

1489時間目 ~漢検一級~

1487時間目 ~通常更新~

comment iconコメント

コメントの投稿