FC2ブログ

1172時間目 ~漢検一級~

次の問いに答えよ。

漢検一級配当読み

次の漢字の読みと意味を記せ。

Ⅰ 纊息

Ⅱ 号啾

Ⅲ 賑恤

Ⅳ 地籟

四字熟語・諺

次の四字熟語・諺の読みと意味を記せ。

Ⅰ 兎を得て蹄を忘れる

Ⅱ 生まれぬ先の襁褓定め

Ⅲ 内股膏薬

音読み・語義訓読み

次の熟語の音読みとそれに適する訓読みを記せ。

Ⅰ 芬芳-芬り

Ⅱ 朶頤-朶かす

Ⅲ 凌兢-兢れる

特別問題~数学~

AとBの2人が1個のさいころを次の手順により投げあう。
1回目はAが投げる。
・1,2,3の目が出たら次の回は同じ人が投げる。
・4,5の目が出たら、次の回は別の人が投げる。
・6の目が出たら、投げた人を勝ちとし、それ以降は投げない。
(1) n回目にAがさいころを投げる確率anを求めよ。
(2) ちょうどn回目さいころ投げでAが勝つ確率pnを求めよ。
(3) n回以内のさいころ投げでAが勝つ確率qnを求めよ。 
[一橋大]


1172時間目模範解答

Ⅰ 纊息・・・こうそく
意味:綿で、呼吸の有無を確かめる。

Ⅱ 号啾・・・ごうしゅう
意味:大声を上げてなく。

Ⅲ 賑恤・・・しんじゅつ
意味:恵まれない人に援助して恵む。

Ⅳ 地籟・・・ちらい
意味:地上に生ずる音声。風の音など。

四字熟語・諺

Ⅰ 兎を得て蹄を忘れる・・・うさぎ(を)え(て)わな・てい(を)わす(れる)
意味:目的を達成すると、それに役立ったものの功を忘れてしまうたとえ。

Ⅱ 生まれぬ先の襁褓定め・・・う(まれぬ)さき(の)おしめさだ(め)
意味:準備ばかり大げさであること。手回しのよすぎるたとえ。

Ⅲ 内股膏薬・・・うちまたこうやく
意味:しっかりとした意見や主張が無く、都合しだいで立場を変えること。また、そのような人。当てに出来ない人物を言う。

音読み・語義訓読み

Ⅰ 芬芳-芬り・・・ふんぽう-かお(り)
意味:よい香り。また、よい香りを漂わせること。

Ⅱ 朶頤-朶かす・・・だい-うご(かす)
意味
①:あごを動かして食べること。食欲の盛んなこと。
②:強い国が弱い国を征服しようとすること。

Ⅲ 凌兢-兢れる・・・りょうきょう-おそ(れる)
意味:恐れおののくさま。また、寒さに震えるさま。

特別問題~数学~

漢字講座をこれからもやってほしいと言う方は

一日一回↓をクリック。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 漢字検定・数学検定へ
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
blogram投票ボタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

1173時間目 ~通常更新~

1171時間目 ~漢検一級~

comment iconコメント

コメントの投稿