FC2ブログ

1145時間目 ~漢検一級~

次の問いに答えよ。

漢検一級配当読み

次の漢字の読みと意味を記せ。

Ⅰ 銀纏

Ⅱ 黯淡

Ⅲ 盪尽

Ⅳ 華曠

四字熟語・諺

次の四字熟語・諺の読みと意味を記せ。

Ⅰ 血縷を濡す

Ⅱ 房杜功を言わず

Ⅲ 牀上施牀

音読み・語義訓読み

次の熟語の音読みとそれに適する訓読みを記せ。

Ⅰ 漸虧-虧ける

Ⅱ 漾碧-漾う

Ⅲ 橈直-橈げる

特別問題~数学~


1145時間目模範解答

漢検一級配当読み

Ⅰ 銀纏・・・ぎんてん
意味:刀の鞘などを、間隔を置いて銀で巻いて飾ること。

Ⅱ 黯淡・・・あんたん
意味:うすぐらいこと。

Ⅲ 盪尽・・・とうじん
意味:洗い流したようにすっかりなくなること。

Ⅳ 華曠・・・かこう
意味:美しく広い。また、そのようなところ。

四字熟語・諺

Ⅰ 血縷を濡す・・・ちる(を)うるお(す)
意味:刃物の極めて鋭利なたとえ。

Ⅱ 房杜功を言わず・・・ぼうとこう(を)い(わず)
意味:自分の行った功績を口にしない謙虚な態度でいる。

Ⅲ 牀上施牀・・・しょうじょうししょう
意味:重複すること。余計なことをするたとえ。

音読み・語義訓読み

Ⅰ 漸虧-虧ける・・・ぜんき-か(ける)
意味:次第に欠けて小さくなること。

Ⅱ 漾碧-漾う・・・ようへき-ただよ(う)
意味:青色を漂わせること。

Ⅲ 橈直-橈げる・・・どうちょく-ま(げる)
意味:真っ直ぐなものを曲げること。

特別問題~数学~

漢字講座をこれからもやってほしいと言う方は

一日一回↓をクリック。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 漢字検定・数学検定へ
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
blogram投票ボタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

1146時間目 ~通常更新~

1144時間目 ~通常更新~

comment iconコメント

コメントの投稿